No.500(エアークランプ下方押え型)

分類名 エアークランプ
製品番号 No.500
質量 4,600g
締圧力 1.9kN(0.5Mpa時)
材質 スチール(SPCC)
取り付け方法 フランジベース
付属品 ボルトM12x110 1本 ナット2個 座金2枚
表面処理 三価ユニクロ・黒クロメート(クランプ本体部)
CADデータ

本体にバリクランプNO.2を使用。

エアークランプは同時に複数作動でき、機械内の加工や大きなワークを加工する時などに使用すると、作業効率を上げることができます。
締圧力:1.9KN(0.5Mpa時)最大3.8kN(1.0Mpa時)
シリンダーはセンサースイッチ非対応タイプです。後付け不可
溶接スパッタ防止、粉塵対策にはオプションで耐熱用ジャバラが装着可能です。
エアークランプの配管イメージ

締圧力はいずれも最高締圧力(1.0Mpa時)の目安です。(下方押えの場合、本体に一番近い位置が最高締圧力)
ご使用の際は、エアー圧を 0.4Mpa~0.6Mpa(表記の最高締圧力の40~60%)の範囲でご使用ください。
エアークランプ使用上のご注意↓↓↓↓↓↓(クリックで開きます)
エアークランプ取扱説明書
下方押え型の場合、ワークを押さえる位置が本体に近いほど締圧力が強く、先端にいくほど弱くなります。

※継手の向きを変える場合について
標準装着されてる継手の向きを変える場合、一度継手を取り外して残っているシールテープを除去して頂き、新たにシールテープを巻いた上でねじ込み時にを向き調整してください。
装着されてる状態にて向きを変えた場合、エアー漏れの原因となります。
※高温になる場所での使用について
エアーシリンダーに遮熱対策を施すなど対策をしてください。
遮熱対策が不十分ですと、エアーシリンダー内部のパッキンが溶けエアー漏れの原因となります。
※ご使用条件(周囲温度40°C以上、加圧保持、低頻度作動など)により、内部の潤滑油およびグリースの基油がシリンダ外部に滲み出す場合があります。清浄環境を要する場合はご注意ください。

株式会社ミスミ VONA 品番:NO.500 品名:エアークランプ 下方押さえ型 No.500

トラスコ中山(株)オレンジブック
品番:KA-500 品名:エアークランプNo.500

絞り込み検索
検索機能の使い方
大分類
小分類

締圧力

質量

使用に必要な高さ

使用に必要な長さ

使用に必要な幅

材質

取り付け方法

  • カタログ観覧はこちら
  • 関羽工業株式会社
  • デュアルクランプ PDFカタログ
  • トグルクランプ・デュアルクランプ 注意事項
  • 株式会社ミスミ
  • 株式会社MonotaRO
  • 大阪角田興業株式会社
  • カクタ販売株式会社公式ツイッター
  • アペルザeコマース
  • アペルザ カタログ
PageTop